三種混合ワクチンを始めました。

三種混合ワクチン(百日咳、ジフテリア、破傷風)を開始します。

 対象:5歳以上で四種混合を4回接種終わった小児
      (これから赤ちゃんが生まれてくる家庭に推奨します)
 回数:1回
 費用:3,000円(消費税を含む)
 予約方法:ネットから予約または受付で
 接種時間:午後の予防接種の時間帯に実施

 背景と理由:
 百日咳の患者さんが少しずつ増えてきました。百日咳に対する抗体(抵抗力)は0歳と1歳で行う四種混合ワクチンで作られますがその効果は5-6年で落ち始めます。当院で診断した患者さんはみな6歳以上の方でした。10歳以降の二種混合ワクチンには百日咳は入っていないので1歳での接種が最後となります。ワクチンを打った年長児から成人がかかった場合はひどい咳だけが目立って終わることが多いようですが、ワクチンを打っていない乳児がかかると呼吸困難で入院することもあります。大和市立病院に勤務していた時に入院診察した患者さんはみな咳が続いていた家族から感染したワクチン接種前の乳児でした。したがってワクチンを打てない生れたばかりの乳児の代わりに、一緒に住んでいる家族がワクチンを打って家庭に百日咳を持ち込まないことが大切です。これまでに四種混合ワクチン(年長児は三種混合の時代ですが)を完了した人であれば1回の追加摂取で十分に免疫力を高める事が出来ます。なお小児科学会では免疫効果が落ちる5~6歳での接種を推奨しています。ご両親はかかりつけの内科または産婦人科の先生にご相談ください。百日咳の病気とワクチンの説明はこちらへ。